Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://uzumotonaoki.blog.fc2.com/tb.php/250-1dd774c0

トラックバック

コメント

[C47] 蛸です

おはようございます。
食の仕事に携わるようになってから何でもイベント。

半夏生に蛸をたべるというのを今年になって初めて知りました。

召し上がりました??

竹、いいですねぇ。
NHKの猫のしっぽという番組の中で竹細工用の
竹の職人さんのお話があったとき、ものすごく
手間暇かけられていてとても驚きました。
  • 2011-07-06 07:32
  • うめ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

「 境内で 竹を伐る子ら 半夏生 」

2011年7月2日の一句。
「半夏生」という季語。
大好きなんです。
なんで?と聞かれても分らない。
何故だかそこに、詩的な何かを
感じてしまうんです…。
そして、この日のメインイベントは、
近所の神社で行われた、
竹でカップをつくり、地元の野菜を
食べる、というイベント。
我が家の子供達は他の用事があったりで、
来れなかったのですが、PTA会長さんの
お招きで、ご相伴に。
つくってもらった竹カップは、
飲み物を注ぐと、かなり匂いがきつく、
小物入れとして使うことに。
三鷹産の野菜がおいしいことにびっくり!
特にじゃがいもが絶品でした。
この神社は、川から少し離れた
小さな丘の上にまつられています。
昔はこんこんと水が湧き、
仙川の源流だったとのこと。
そして昔はこの川もよく氾濫していたはず。
水神がまつられています。
東日本大震災の際には、
山の中腹にある古い神社が被害を受けず、
残っている映像を見かけました。
恐らく、かつては神社というものは、
天災が起きた時の避難場所や、
水の源流地のように、代々守ってゆくべき
場所として建立されていたのではないでしょうか。
そんな「生活に密接した場所」が
第二次大戦、戦前戦中に、軍部による
国家統制の道具とされた反動で、
「生活とは無関係の場所」になって
しまったことは、残念です。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://uzumotonaoki.blog.fc2.com/tb.php/250-1dd774c0

トラックバック

コメント

[C47] 蛸です

おはようございます。
食の仕事に携わるようになってから何でもイベント。

半夏生に蛸をたべるというのを今年になって初めて知りました。

召し上がりました??

竹、いいですねぇ。
NHKの猫のしっぽという番組の中で竹細工用の
竹の職人さんのお話があったとき、ものすごく
手間暇かけられていてとても驚きました。
  • 2011-07-06 07:32
  • うめ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

宇津本直紀

Author:宇津本直紀
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。